「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

Roudoudou note

roudoudou.exblog.jp

母と双子の記録〜

大事なお土産の柿を全部没収され、双子には怒られ、しょんぼりしつつも、ここはロサンゼルス空港!
目的地はラスベガス!ここLAXで6時間ほどのトランジットがありますので、さて、どう過ごしましょう!腹は減っていないけど、この調子だとどんなトラブルが起きるかわかりませんからね!?
どんな戦にも対応できるように腹ごなしをしておきましょうね!
f0179526_12211348.jpg

母と娘はタコスをシェア!
f0179526_12212555.jpg

息子はビックマックセット(笑)
双子はDSをして、母はインターネットでこれからの旅のスケジュールを確認したり、友達の母Yさんになんとか入国出来たメールをしたりなどなどで6時間のトランジットを過ごしました。
[PR]
# by roudoudou | 2013-10-19 12:28 | 旅行
私のせいにしないでと娘に怒られるかもしれませんが...
機内では大変だった訳ですよ。娘の看病と入国できるか心配で、ほとんど眠れず過ごした母でしたから〜食事ものどを通らないほど〜(笑)

最後の食事の後に、いかにも美味しそうなきれいで立派なバナナはいかがですか〜?ってな風に目の前に出された訳ですよ!反射的にいただいちゃった母。双子はいらないからねって確かに言った気がする。でも、美味しそうだし〜双子バナナ好きじゃん?これを食べて元気になって〜と差し出すもいらないって言ったでしょう!? でもでも、母もいらないし...では、後で食べましょう!!と、ポンっとカバンにほうりこんじゃった〜

娘の体調の件があったからドキドキしながら入国審査を受けるも、無事入国許可された〜!わ〜い!
元気に「サンキュー、サー」と笑顔で到着口に並ぶ。
???なんで、並ぶ???長蛇の列だし...
そっか〜!ここはアメリカだし〜いろいろ厳しいんだね!?大変だね〜!なんておしゃべりしつつも心の中は少しドキドキが...というのも、お土産に立派な富有柿を8個もスーツケースにしのばせていたわけですよ!(生ものは持ち込みできません!)申告物なしにしたから問題ない!バレなきゃ大丈夫なはず!

そんなことを考えつつ並んでいると背後からかわいいビーグル犬がきて、私にじゃれてきました。
双子に自慢げに「ママってさ〜!犬にはもてるのよね〜!あっはっはっは」

でも、なぜ、ここに犬が?     税関のお仕事犬でした。

なぜ、私に?    バナナを持っていたから...

「申告書出して!」    大きくBananaって書かれちゃった...

バナナ1本のせいで荷物検査を受けるはめになった訳ですよ〜
頑張っていろいろ言ってみましたが、ダメだって! 貴方はこっちで荷物検査ね!って...

もちろんバナナは没収され、スーツケースはX線に通されちゃった。
「Apple入ってる?」「ノー!Apple入ってない!」
全開されて、全部見られて、発見されちゃった。
「Appleじゃないでしょ?それは、パーシモンだよ〜」べろべろば〜!

「ママ〜、せこいことしてバナナ持ってくるから大事な柿取られちゃったじゃん!重かったんだよ〜!大変だったんだよ〜!お土産どうするの〜?バカじゃない!!」

教訓!その1!
密輸はいけません!バレます!
[PR]
# by roudoudou | 2013-10-19 12:01 | 旅行
f0179526_9563243.jpg

双子は学校を終え、母は仕事納めをし、夜の出発ギリギリまで荷物の準備に追われ、やっとの思いで出発!実家に車を置いて、仙台駅まで送ってもらい、新幹線乗車!東京駅から山手線に乗り換え、浜松町でモノレールに乗り換え羽田到着!ここまでトラブルなし!双子も元気でした。

ところが...

チェックインも終了し、羽田空港散策している頃から不調を訴え始める娘〜
普段痛がりの大げさ娘のこと、毎度のことと気にも留めずパスポートコントロールをうけ、搭乗ゲートに向かう頃には、重病人化しているではありませんか!?
はあ〜? なんで? 
ひょえ〜〜〜〜ど お し よ お〜〜〜〜まさかの熱発〜〜〜〜〜
(薬や熱冷シートはスーツケースの中だし〜〜〜)
こんな短時間にここまで具合悪くなるのだろうか?ってくらいの急変っぷり!
とにかく搭乗ゲート付近に移動。近くの椅子に横に寝させ、発熱のため寒気がするので3人分の上着を掛け、近くのショップで風邪薬と熱冷シート購入し沢山水分を接種させ対応する。あとは、搭乗までの1時間寝なさい!!
ドキドキ…ドキドキ…多分38.5度はあるだろうほど熱い…
お顔も真っ赤っか…
忍法熱冷シート4箇所貼り(額、頚部、両脇の下)をし、ひたすら祈る!

「ファーストクラスから搭乗開始します〜」
「次にエコノミークラスで小さいお子さま連れの方から搭乗していただきます~!」と順次アナウンスされる。
「すみません。小さくはないのですが、子供が具合悪いので早く搭乗させてもらえませんか?」と母が聞いてしまったものだから、あ~大変なことに!
「熱があるのですか?その場合、搭乗自体ができませんので、今確認のため体温を測っていただきます。体温計を機内からお持ちしますのでお待ちください」「そこまで高熱じゃないし、その必要はありません。大丈夫ですけど…」と母。「いいえ、発熱状態で飛びますと上空での気圧の変化により鼓膜が破れる可能性があります。たとえ大丈夫だったとしてもアメリカの空港に熱感知センサーがあり、高熱の人は赤く反応します。その場合、入国拒否され強制的に帰国させられます。」
マジで? ギョエ~(゜゜;)\(--;)ヤバイヤバイヤバイ!
半年も計画してカメラもパソコンも買って、あれもこれも準備したのに〜〜〜〜
羽田から引き返すなんて、そんなのやだよ〜〜〜〜〜〜〜〜
(そんなことを考える私だから、罰が下ったのでしょうか...?)
娘に体温計はポイントよりずらしてはさめだの、マスク、熱冷シートははずして元気そうにふるまえだの、いろいろ仕込む私。あ〜〜〜、なんて親だろう...今頃反省...

仕込みのおかげで(?)症状をごまかし、なんとか搭乗できましたが...
機内でも食欲ゼロ、具合悪さ継続でかわいそうでした。母もハラハラハラハラ...

しかし...
着陸態勢に入りますとのアナウンスがされたころに、急に復活する娘...
突然食欲が出て、おしゃべりしだしたぞ!? 熱もない!!
どういうことでしょう???
急に具合悪くなり、急に復活するって...
狐につままれたような、私に対する嫌がらせのような(笑)出来事でしたが、気を引き締める母でした。

トラブル発生も旅の醍醐味!!
無事、入国できたし〜初アメリカ楽しむぞ〜〜〜
[PR]
# by roudoudou | 2013-10-19 10:21 | 旅行
f0179526_1752345.jpg

2012~2013年末年始に母と双子の3人でアメリカ旅行をして来ました。
すでに9ヶ月も経過し、記憶も薄れがちに〜
2週間の長旅ゆえ、ブログ投稿もどれほどの期間がかかるのか...
ぼちぼち更新していきます。頑張りま〜す。

Q:なぜにアメリカ旅行?
A:本当はね、双子がお腹にいるときから10歳のお祝いとしてアフリカ旅行に行くと決めていたよ。10歳の年は震災の影響で実現できなかったから1年遅れちゃったけどね...なぜアフリカ?かというとね、母は以前、半年ほどアフリカのケニアに住んでいたことがあり、大好きな場所だったから双子を連れて再訪したかったんだよ。でも、最も尊敬しお慕いしてるNさんにどうしても会いたくて、行き先をアメリカに変更しちゃった。Nさんはアメリカのラスベガスに住んでるスピリチュアルな方で、これまで私たち家族にいろんなアドバイスをしてくださったり見守っていてくださる方です。母にとっては、生きる意味と勇気を教えて貰った恩人のような方なんです。そのNさんがご病気で人工透析が始まり、日本に帰って来るには腎臓移植するしか方法がない状態になりました。いつ会えるかわからない...でもどうしても会いたい...の一心で、アンチアメリカの母があれだけ帰りたかったアフリカをあっさり諦め、Nさんに会いに行くことを決めました。

Q:いつから計画をしたの?
A:2012年の5月にアメリカ行きを決めて、6月下旬に航空券を手配したよ。羽田空港発のANAに決めたよ。TAX&燃油サーチャージ込みで3人で38万くらいだったかな!?
航空券探しや旅程を考えるのは、母の趣味と言えるほど大好きなことだから楽しみながらやれたよ。
旅程を考えた時、一番の目的はNさんに会うことだったけれど、そこにかかる時間は長くても半日程度だろうからね、ラスベガスを数日楽しんでからセドナに行くことにしたよ。アメリカでは車がなけりゃどこにも行けないでしょう!?レンタカーを借りることにして、ラスベガス→セドナだけではもったいないので、グランドサークルを時計回りすることにした。世界で最も秘境と言われているザ・ウェーブに行く!も目的の一つにしたよ!ちっちゃなペンタックスのデジ一とMac エアーを購入し、アップルで画像の取り込み等を教えて貰い、GPSやトレッキングシューズなど色々準備したよ。ホテルやレンタカーの予約なども誰にも頼らず全部母がやったよ。

Q:ザ・ウェーブって?
A:何万年もかかって出来た砂の地層がまるでウェーブ(波)のようにうねっている所なの。地層はとてももろくて...もろい地層を守る為に1日に立ち入り出来る人数を20人に限定しているの。その20人は抽選で決められるのだけど、10人を5ヶ月前にインターネットでエントリーし翌月の1日に抽選で決定されるの。残りの10人枠は現地の抽選会場にザ・ウェーブに行きたい日の前日の朝に集合し、そこで抽選され決定するの。例えば10人のうち残りの枠が2名だとするでしょう?我が家のように3名でエントリーしていて、もし抽選で選ばれても2名しか行けないの。3人のうち2名を選ぶか3人とも辞退するか〜厳重に管理されているよ。このように非常に狭き門なので、世界一の秘境と言われているよ!
で、母はインターネットで12月分をエントリーし見事に外れ、一応ダメ元で1月分もエントリーしたけど、またまた外れちゃったの。だから抽選会場まで行って再々エントリーしたんだ。結果は、本編までお楽しみに〜

Q:グランドサークルって?
A:グランドキャニオンを中心とした、その周りにある沢山の国立公園などの名所全体のことをグランドサークルと呼ばれているよ。
時計回りに見所をあげるとザイオン国立公園、ブライスキャニオン国立公園、ザ・ウェーブのあるバーミリオンクリフス国定公園、アンテロープキャニオン、ホースシュウベント、レイクパウエル、レインボーブリッジ国定公園、モニュメントバレー、アーチーズ国定公園、セドナ、グランドキャニオン国立公園ノースリム&サウスリムetc...映画の舞台になっている所も多く誰でもいくつかは聞いたことのある地名のはずですね!

Q:2週間でどれほどの距離を走ったの?
A:2000km強ってところですね!思ったより移動していなかったみたいです〜
[PR]
# by roudoudou | 2013-10-08 22:05 | 旅行
f0179526_1229128.jpg

仕事帰りにスーパーに立ち寄る。
外に出たら空一面のきれいな夕焼けが...
今日の疲れがぶっ飛ぶほど癒された。

電線と看板さえなければと、家と逆方向に車を走らせる。
場所を移動し、撮影を試みるも瞬きするともう変化するような早さで色が変わってしまう。
ほんの一瞬のご褒美、ありがとう。
[PR]
# by roudoudou | 2013-10-05 12:28 | つぶやき
今日大切な友人のおばあさまがお亡くなりになられました。
あと3日で米寿のお誕生日が待っていましたので、享年87歳でした。
日本女性の平均寿命を超えたところですから、大往生なのだと思います。
謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

悲しい出来事ではあるのですが、その引き際があっぱれと言いますか、おばあさまらしい引き際だったようです。
おばあさまは尊厳死協会に登録されていらっしゃいました。
震災後、高齢だったこともあり体調が万全ではなかったようですが、今年2月ごろより急に腎臓機能が低下し腎不全となり具合が悪くなりました。延命治療はしない、無駄な治療はしない(薬も飲まない)、入院はしない、自宅で暮らし自然な成り行きに任せるという本人の強い意志を尊重し、自宅療養をしておられました。そして今日、急に胸を押さえ苦しいと意識がなくなったそうです。外出していた家族に連絡があり、友人と長女は青葉まつりにすずめ踊りのメンバーとして参加しているところから、長男は野球の試合会場からなどなど家族全員が集まったところで、皆に見守られ息を引き取られたそうです。死因は心筋梗塞でした。

今日私たち家族はすずめ踊りを見に行く予定でした。友人は「もう見に来てる?おばあちゃんが意識がなくなったと連絡入ったから急いで帰るの。まだ見に来てくれていなかったらよかった」と急いでるのにもかかわらず連絡してくれました。そして亡くなられたことを知らせてくれました。
友人が申しますのには、「おばあちゃんは幸せだったと思うよ。コロッと死にたいと常々言ってた通り、自分が望んだ通りに死ねたんだから」「昨日、長女のすずめ踊りのチームが受賞した正宗賞(最高賞)の報告もできたし、いろんなことがタイミングよかった…」~とのことでした。
おばあさまの引き様にふたりでお互いそうありたいね~と話しました。

どう生きたか、人生の生き方が死に様に反映されるのかな…?!ならばまだまだ頑張らなきゃと思わされました。

子供たちにおばあさまが亡くなったことを伝え、3人でご冥福を祈り黙祷しました。
そして、尊厳死のことや亡くなる間際の出来事について説明しました。
ふたりとも号泣していました。
どのように受け止め、感じたのかはわかりませんが、ふたりのその姿を見て感動し感謝の気持ちでいっぱいになりました。
なんていい子たちなんだろう…
素直に育ってくれてありがとう…
そんな素敵な子供たちの母親でいれることにありがとう…
私を母親として選んでくれてありがとう…
そう思わずにはいられませんでした。

私たち親子にとって命の勉強になりました。

おばあさま、ありがとうございました。また、いつかお会いできる日を楽しみにしています。
[PR]
# by roudoudou | 2013-05-19 23:00 | ある出来事
なんかね~いつも憂鬱なんだよ…
原因はね~いっぱい有りすぎ…
書き出したら切りがない…
憂鬱さって時々降って湧いたように突然感じていつの間にか消えていって、抱えたままってあまりないはずなのに…
震災後、ずっと払拭できない…
それどころかどんどん憂鬱になっていく…
明るく前向きに!をポリシーになるべくそう振る舞っているけれど…
辛いな…
どこかに消えて無くなって欲しいな…
この憂鬱の塊
[PR]
# by roudoudou | 2012-09-10 12:55 | つぶやき
私がfacebookに登録したのは、2年前。
以前我が家にホームスティしたNuiが、メールをくれるもさっぱり返事をしない私を心配して、
あの手この手Facebookの手で連絡をくれたのがきっかけでした。

メールの返信がなかなかできないのは、不精な性格に加え英語ができないから
たとえFacebookでも同じな訳で…より困難になったわけです。
さっぱり意味がわかりません。

しかしながら、ここ数カ月そうも言ってられない事態になってきたのです。
友達が軒並み会員になってはお誘いを受けるのです。
仕方がないので、もっぱら友達の近況を読み逃げしています。
バレてるの?

でもね!数日前に「もしかしてベトナムで出会った美奈さんですか?」というFacebookからの
お知らせがありました。

実は、2~3年前くらいから年賀状が訪ね当たらずで戻ってくるようになり連絡が取れなくなっていたので、びっくり!
私は住所も電話番号も変わっていないのに~と残念に思っていたところでした。

こうなるとFacebookすごいです!すばらしいです!
相変わらず記事は投稿不能ですが、切れそうになっていた縁が繋がりました!

次回は彼女とのベトナムでの出会いを書きましょう!
[PR]
# by roudoudou | 2012-08-16 21:48 | つぶやき